Level 1 Blog - Best of the Year

This week at the Yakuin and Akasaka schools we are going to talk about our best experiences in 2016. Here are some of the questions that we are going to practice and my own answers.

stranger things.jpg

What’s the best drama you watched this year?

I didn’t watch many dramas this year but the best drama  I watched this year was “Stranger Things” on Netflix. I’m looking forward to the next season.

 

 


Zootopia.jpg

What’s the best film you watched at the cinema this year?

The best film I watched at the cinema this year was maybe Zootopia. I watched it with my daughter and it was smart,cute and funny!

 

 

 


buried giant.jpg

What’s the best book you read this year?

The best book I read this year was the “Buried Giant” by Kazuo Ishiguro.I read it in three days at a beautiful hotel in Vietnam. It was a very interesting book.

 

 

 

 

 

 

 


What’s the best place you went this year?

The best place I went to this year was Vietnam. I went there in November with my family and we stayed at a very beautiful hotel. I’m going to write a future blog about my travel there.

 

 

 

 


What’s the best experience you had this year?

Well that’s easy. The best experience I had this year was the birth of my son Alexander. He is a really cute guy!

How about you? What were your best films, dramas, books and experiences of last year? I am looking forward to hearing them in our classes.

See you soon,

Tim

Tim’s Blog - Christmas Films クリスマスの映画

I think that most of you have realised by now how much we at Kensington like Christmas. One of my favourite parts of Christmas is watching Christmas-themed or Christmas-set films.

私達ケンジントン・チームがいかにクリスマス好きか、今や皆様のほとんどがお分かりでしょう。クリスマスで私が一番好きなことのひとつに、クリスマスをテーマにした、またはクリスマスを舞台にした映画を見ることがあります。

This year I am planning to spend the festive season watching a selection of such films together with the non-Christmas related Star Wars Episodes IV,V and VI in an effort to initiate my daughter to the Star Wars universe so she may agree to watch Episode VII in the cinema with me. Never was a crazy Star Wars fan but I can remember how fascinated I was when I watched the earlier films when I was a young boy. If I could recreate a small part of that magic for my daughter, that would make me a very happy dad indeed.

今年は、華やいだクリスマスシーズンにそういった映画を、スター・ウォーズ・エピソード4・5・6と併せて見て過ごす予定です。娘にスター・ウォーズの世界を教えよう、と考えてのことです。そうすれば、エピソード7を見に映画館に一緒に行っていいと言ってくれるかもしれませんからね。決してスター・ウォーズの熱心なファンではありませんでしたが、子供の頃に見た早期の作品に魅了されたことは覚えています。娘にもそういうふうにうっとりしてもらえれば、父親としても実に大変幸せですね。

Following are some of my favourite Christmas films. They are all related to Christmas with the exception of “The Great Escape” which is neither Christmas-themed nor Christmas-set but is very usually aired at Christmas in the UK.

私の大好きなクリスマス映画を挙げてみました。『大脱走』以外は全部クリスマスに関係があります。『大脱走』はクリスマスをテーマや舞台にしているわけではありませんが、イギリスではクリスマスに放送されるのが恒例です。

The reviews are taken from “The Rotten Tomatoes”

レビューは『ロッテン・トマト(腐ったトマト)』によるものです。


It’s a Wonderful Life (1946)

“The holiday classic to define all holiday classics, It's a Wonderful Life is one of a handful of films worth an annual viewing.”

素晴らしき哉、人生!(1946年)

“クリスマス映画の傑作の何たるかを物語る作品です。『素晴らしき哉、人生!』は、年に1度は見る価値のある、数少ない作品のうちの1つです。”


Elf (2003)

“A movie full of Yuletide cheer, Elf is a spirited, good-natured family comedy, and it benefits greatly from Will Ferrell's funny and charming performance as one of Santa's biggest helpers.”

エルフ〜サンタの国からやってきた〜(2003年)

“クリスマスの喜びにあふれた映画。『エルフ〜サンタの国からやってきた〜』は活気のある、良心的な家族コメディーです。サンタの片腕の1人を演じているウィル・フェレルのこっけいで魅力的な演技が、映画を大変素晴らしいものにしています。”


About a Boy (2002)

“A winning comedy that benefits from Hugh Grant's boyish charms.”

アバウト・ア・ボーイ(2002年)

“オスカー他、ノミネート歴のあるコメディー。ヒュー・グラントの少年っぽい魅力が光っています。”


A Christmas Carol (1984)

“A great and eternally heart-warming film that can stand an appreciative viewing every year through every decade.”

クリスマス・キャロル(1984年)

“どの年代においても、毎年の鑑賞に堪えうる、心温まる永遠の名作です。”


The Great Escape (1963)

“With its impeccably slow-building story and a cast for the ages, The Great Escape is an all-time action classic.”

大脱走(1963年)

“非の打ちどころのない、ゆっくりと組み上がっていくストーリー運びと、長年にわたって愛されるキャスト。『大脱走』は、アクションものの史上最高傑作です。”

Merry Christmas to everyone!!

皆様に、メリークリスマス!!

 

Tim’s Best of the Year - ティムのベスト・オヴ・ザ・イヤー

Everyone that knows me knows that I love making lists and with the end of the year coming, it’s a perfect time for a “Best of the Year” list.

私をご存知の方なら、私が大のリスト作り好きだということもご存知でして、年の瀬を迎える今は、「ベスト・オヴ・ザ・イヤー」リストにもってこいの時でございます。

Best Film I watched this Year

今年見た一番の映画

Truth is that I couldn’t really watch many films this year and most of the films that I could watch needed to be family friendly to protect my daughter from any possible traumatic experiences. I did manage to watch a few good films though some of which were “Mad Max”, “Inside Out”, “Whiplash”, “Birdman” and “Guardians of the Galaxy” but the best film I watched in 2015 was “Interstellar”, a gripping, incredibly ambitious Science Fiction film that I think will be regarded as a masterpiece for decades to come.

実のところ、今年はそれほどたくさん映画を見られず、見たものはほとんど、娘が怖い思いをしないようにと、家族向けのものにならざるを得ませんでした。しかしながら、いいものも何とか数本は見ることができました。『マッド・マックス』 『インサイド・ヘッド』『セッション』『バードマン あるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などです。でも2015年で一番よかったのは『インターステラー』。心をわしづかみにする、非常に野心的なSF映画で、今後数十年にわたって、名作とされることでしょう。

Best Album I listened to this Year

今年聴いた最高のアルバム

Unfortunately I couldn’t really listen to much new music either this year, though I was able to revisit some classic albums I hadn’t heard for ages such as Miles Davis “Sketches of Spain” and John Coltrane’s “Giant Steps”.  In regards to new music I listened to this year there was one album that really stood out, and that was D’Angelo’s “Black Messiah”.

残念ながら、今年はそんなにたくさん新しい曲を聴くこともできませんでした。ですが、長年聴いていなかったアルバムの傑作をいくつか聴き直すことはできました。マイルス・デイヴィス『スケッチ・オブ・スペイン』、ジョン・コルトレーン『ジャイアント・ステップス』などです。今年聴いた新しい曲といえば、1つ特にとてもいいものが。ディアンジェロ『ブラック・メサイア』です。

Best Book of the Year

今年一番の本

This one is pretty hard. I always try to alternate between fiction and non-fiction and I’ve read some wonderful books in both categories so far this year. The best non-fiction book I read was the “Steve Jobs” biography by Walter Isaacson and the runner-ups were “Creativity, Inc” by Ed Catmull, a book about how Pixar cultivates and sustains an environment of creativity, and “The War that ended Peace” by Margaret MacMillan, a book about how Europe stumbled onto the First World War.

これはかなり難しいですね。いつもフィクションとノンフィクションをとり混ぜて読むようにしていまして、今年はこれまでにどちらのいい本も読みました。一番よかったノンフィクションは、ウォルター・アイザックソンによる伝記 『スティーブ・ジョブズ』、次によかったのは、エドウィン・キャットマル『ピクサー流 想像するちからー小さな可能性から大きな価値を生み出す方法』、それと、マーガレット・マクミラン『平和を終わらせた戦争』、これは、ヨーロッパの、第一次世界大戦によるつまずきを描いたものです。

As for fiction the best book I read this year was “The Goldfinch” by Donna Tartt, an almost 1000 page novel exploring themes of loss, grief, friendship and the timelessness of art. I absolutely loved every page of it. Runner up is “The Tiger’s Wife” by Tea Obreht.

フィクションで一番よかったのは、ドナ・タート『黄金の足枷』。1000ページ近くに及ぶ小説で、喪失、悲嘆、友情、芸術の超時代性といったテーマを模索しています。どのページも本当に大好きです。次点はテア・オブレヒトの『タイガース・ワイフ』。

Best Food of the Year

今年最高の食べ物

Food. I love good food. And Japan is a paradise for good food. This year I ate some marvellous Vietnamese food in our hotel in Vietnam, I ate great food at reasonable prices at my favourite Italian near my house, enjoyed eating at various of Fukuoka’s great restaurants, a number of delicious hotpot dishes at home but the undisputed champion of this category is the Kaiseki restaurant we went to in Shiga. The best place I have eaten in my life. Every single dish was delicious. This is the website http://kiyomoto.to.

食べ物。おいしい食べ物が大好きです。そして日本はおいしい食べ物の宝庫です。今年は滞在したベトナムのホテルで絶品のベトナム料理や、家の近くのお気に入りのイタリアンのお店で手頃でおいしい品をいただいたり、福岡のいろいろなよいレストランで食事を楽しんだり、家ですごくおいしいお鍋を囲んだりしました。ですがここで文句なしの1位は、家族で訪れた滋賀の懐石料理店です。人生で食べてきたなかで、あそこが一番よかったです。ひと皿ひと皿が美味でした。ホームページはこちらhttp://kiyomoto.to.

How about you? What were your best of the year? Please feel free to share with us at Kensington as our last classes for the year are approaching.

あなたはいかがですか?何が今年最高でしたか?今年のレッスンも最後になろうとしていることですし、教室で気軽に話してみて下さいね。

 

DVDの貸し出しが始まります!

Dvd Borrowing

DVDの貸し出しが始まります!

We, at Windsor, are very excited to announce that from now on, you will be able to borrow DVDs from our library! We decided to start a DVD collection for our students so you can improve your listening skills and possibly your cultural (pop culture) knowledge.

ウィンザー英会話のライブラリーで、これからDVDも借りられるようになります!リスニング力と、さらには英語圏の(大衆)文化に関する知識も高められればと、皆様にご利用いただけるDVDを揃えることに致しました。

The first DVDs we bought for you are the first season of a very very famous American sitcom called “Friends”. “Friends” aired for ten years from 1994 and became a huge success because of its very likeable leads, its pretty good writing and the good chemistry between the young stars. I think it is almost impossible to find a Western person over 20 that has never heard of “Friends”.

最初にご用意したのは、とても有名なアメリカの連続コメディドラマ「フレンズ」の1stシーズンです。1994年から10年にわたって放送され、好感度の高い主役達、よくできた脚本、若手スター俳優達の絶妙な掛け合いで大ヒットしました。20歳より上の欧米人で、「フレンズ」の名前を聞いたことがないという人を見つけるのは、まずないといっていいと思います。

The reason we chose it as our first DVD set is that as a sitcom, though the situations can sometimes be quite unrealistic, the English used is mostly everyday English that may be not so hard to understand. Additionally. “Friends”, as one of the most successful shows in TV history, did have a significant cultural impact.

「フレンズ」を最初に選んだ理由ですが、コメディドラマならではの実際にはありえなさそうな状況設定も時々はあるのですが、出てくる英語のほとんどが、理解しやすい日常使いの英語だからです。加えて、テレビ番組史上最大級のヒット作として「フレンズ」は文化に多大な影響を与えたから、ということもあります。

When watching TV dramas or films trying to understand the whole thing at one go is almost impossible for all but the most advanced of students, so it is best to concentrate on each scene separately, and while your studying method may vary, we’d recommend a combination of the following:

テレビドラマや映画を見て、話全体を1度で理解するのは、よほどの上級者の方でない限りなかなか難しいでしょう。シーンごとに区切って1つ1つを集中して見るのが一番よい方法です。学習方法はいろいろありますが、次のやり方をおすすめします。

  • First, watch the whole episode with Japanese subtitles, so you can understand the premise.

          まず、エピソード全体を日本語字幕付きで見て、状況設定を理解しましょう。

  • Second, watch the scenes that interest you without any subtitles so you test how much of the English you can catch / understand. (Try to concentrate as much as you can on listening)

          次に、面白いなと思ったシーンを字幕なしで見て、どのくらい英語を聴き取れるか・理解できるか試してみましょう。(リスニングにできるだけ集中しましょう)

  • Thirdly, watch it with English subtitles and try to repeat the language (it may be a good idea to concentrate on language that you think is useful)

          さらに、英語字幕付きで見て、セリフを口にしてみましょう。(役に立ちそうだと思う表現だけ選ぶのがいいかもしれません)

  • Finally, write down any expressions/vocabulary that you don’t understand and check them on the internet or on a dictionary or ask us at Kensington!

          最後に、意味が分からない表現や語句を書き留めて、インターネットや辞書で調べたり、スクールで先生に聞いたりしましょう!

The steps above are just an idea, you can flip or add steps; basically you can use the DVDs anyway you wish, but please remember to concentrate on listening; if you just sit back watching a film or a TV drama with Japanese subtitles without concentrating on the audio then it has probably zero effect on your English ability.

以上はあくまでも1つの方法なので、順番を替えたり、手順を加えたりするのもいいでしょう。DVDを好きなように使って学習いただければと思いますが、とにかく聴き取りには集中しましょう。聴き取りに集中せず、ただくつろいで日本語字幕付きの映画やテレビドラマを見ても、多分英語力アップには結びつかないでしょうから。

You can find the transcripts of all the “Friends” episodes here:

「フレンズ」の全エピソードの放送原稿が、こちらのサイトからご覧いただけます。

http://www.friendstranscripts.tk/

We are planning to get many more DVDs for you to enjoy and study. Remember that you need to become a member of the library to use its services and there are two ways to do so:

楽しく学習いただけるよう、さらにたくさんのDVDを揃えていく予定です。DVDを借りるには、まずライブラリーに加入いただく必要があります。加入方法は以下の2通りです。

  • Pay for lifetime at a  cost of 2000yen.

          初期費用の2000円のみをお支払いいただく方法

  • Buy extra tickets which not only are at an excellent price but also include library membership.

          ライブラリー加入権も付いた、追加レッスンチケット(6回・12回)をご購入いただく方法

皆様のご利用を心よりお待ちしております

Easy English Blog - ティム先生の福岡暮らし

 ティム先生の前の自宅の写真(福岡市中央区大名)

ティム先生の前の自宅の写真(福岡市中央区大名)

I have lived in Fukuoka for about 14 years now and since I always believed that where I lay my feet at night is home, Fukuoka has been my home for 14 years. I love it here, I love the food, the people and the proximity to the sea and the mountains. Here is a brief history of the different places in Fukuoka that I have lived.

福岡に暮らして約14年になります。夜は家に足を落ち着けるのがいいと思うようになって以来14年間、福岡住まいを続けています。居心地がとてもいいですし、食べ物、人々、海と山に近いこともすごく気に入っています。さてここで、福岡の今の住まいとは別のところに住んでいた頃のことを、かいつまんでお話ししましょう。

When I first came to Fukuoka I lived in Chikugo (near Kurume) for 6 months with my wife’s family. Chikugo was OK I guess and my wife’s parents were extremely kind and generous to me, as so many nice Japanese people I have met over the years, but having lived most of my life in rather big cities, I found it a little boring.

福岡に初めて来て6か月間は、筑後(久留米の近く)に、妻の家族と一緒に住んでいました。筑後は良いところだったと思います。この数年の間に、親切な日本の人々にもずいぶんたくさん会いましたが、妻の両親は私にとても親切にしてくれ、寛大に受け入れてくれました。とはいえ、人生の大半を大都市で暮らしてきた私にとっては、ここでの暮らしは少々退屈でしたね。

So we moved to Fukuoka city and more specifically, Otemon, near Ohori park. We lived there for a few years and the location was really nice(especially for accessing the park and a nice yakitori shop just across the road), but there was another building built just a couple of metres from our window, which completely shut our sunshine off. Also the bike riders at night were quite bothersome so time to move again.

というわけで、私達夫婦は福岡市に引っ越し、大濠公園近くの大手門で数年間暮らしました。本当にいい場所でしたね。(特に、大濠公園に行きやすくて、道の真向かいにおいしい焼き鳥屋があったところが)。ところが、私達の部屋から数メートルのところに新しいビルが建ったので、部屋に陽が全く差さなくなってしまいました。夜、バイクの音がかなりうるさかったこともあり、再び引っ越し時となりました。

Next stop Daimyo!! Excellent location, so convenient that we can just access so many restaurants and bars just minutes on foot away from our house. Drawbacks included drunks every weekend and that was definitely not a place to start a family.

次に落ち着いたのは大名!! とてもいい場所です。非常に便利ですし、レストランやバーが歩いて数分のところにたくさんあります。ですが、週末ごとに酔っ払いの人が出るといった問題もあって、ここで子供を生んで育てるというわけには、絶対に行きませんでした。

Now we are happily living in Yakuin. Excellent location, nice restaurants nearby, minutes away from Tenjin, very very very quiet, especially compared with Daimyo or Otemon. Only drawback is that there aren’t any nice parks within walking distance. Yakuin has proved to be an excellent place to start my family and we have been happily living here since.

現在私達は、薬院で幸せに暮らしています。とてもいい場所で、おいしいレストランが近くにあって、天神へも数分で行けるし、特に大名や大手門と比べると、閑静なことこの上ないです。唯一の問題といえば、徒歩で行けるいい公園がないことくらいです。薬院は家族での生活を始めるのにとてもいいところで、ずっと楽しく暮らしています。

How about you? Where do you live?

皆様の暮らしはいかがですか?どちらにお住まいですか?

 

ティム先生が選んだ映画ベスト5

As people that know me have come to understand very well, and probably you don’t, I really like making lists of things. Usually my lists and efforts to compile them are largely ignored by the general population but I think my blog provides me with an excellent medium to continue my good work.  I’m generally very keen on films so it probably makes sense to start with a list of my favourite films.

私をよく知る人達には非常に納得の行くことで、今これをご覧の皆様にはおそらくそうではないでしょう。私はリストを作るのがとても好きです。リストとそれを作るのに費やした努力は、大抵の人々にはほとんど相手にされないことが多いのですが。ブログは、私が良い仕事を続けるのに大いに役立ってくれることと思いますし、私は大体において映画に夢中になるたちですので、お気に入りの映画のリストから始めるのも、おそらくご理解いただけることでしょう。

5) There’s something about Mary

第5位「メリーに首ったけ」

This is my favourite comedy. I think comedy is incredibly hard to do right. There are countless great action films, thrillers or science fiction films, but there are very very few great comedies. “There’s something about Mary” is one of them I believe. I’ve watched it a million times and still find it hilarious. Matt Dillon gave a comedic performance for the ages.

お気に入りのコメディです。コメディは、うまくやるのがものすごく難しいものだと思います。 アクション・スリラー・SFの秀作は数え切れないほどありますが、コメディの傑作というのは本当に極めて少ないです。「メリーに首ったけ」は、そうした傑作の1つでしょう。何度も何度も観ていますが、今でもまだ面白いと思えます。マット・ディロンがコメディアンとして稀代の名演技を披露しています。

4) The Life Aquatic with Steve Zissou

第4位「ライフ・アクアティック」

I could pick any Wes Anderson film really. I love the guy, I love his work, his vision his refusal to do things by the standards set by others. There is in my mind one word that defines his films and that’s  “quirky” but there is much, so much more to them than just quirk. Layer over layer of human emotions and vulnerabilities exposed in his uncompromising visual style. In my mind the most visionary of today’s directors.

ウェス・アンダーソン監督の映画なら本当に何でも選べますね。 彼とその作品、ビジョン、他人の基準で動くことを拒否する姿勢が大好きです。彼の映画を言い表そうとして心に浮かぶのは、「奇抜」の一言ですが、その一言だけでは言い表せないものがもっとたくさん、彼の映画にはあります。彼の妥協のない撮り方・見せ方からあらわになる、人間の感情のひだともろさ。現代の監督達の中では最も先見性・独創性のある人だと思います。

3) Evil Dead 2

第3位「死霊のはらわた2」

Hilarious. Can’t wait for my daughter to be over 14 or something so I can start watching it at home again.

笑えます。娘が14歳より上かそのあたりの歳になるのが待ち切れません。そうすればまた家で観られますからね。(注:「死霊のはらわた2」はR指定映画)

2) The Godfather

第2位「ゴッドファーザー」

A perfect film. Perfect direction, perfect screenplay, perfect delivery by perfect actors, perfect costumes, perfect score. A perfect process of memorable scenes. The best film ever made.

パーフェクト。監督、脚本、俳優、せりふ回し、衣装、音楽、どれをとっても完璧な映画です。記憶に残るシーンがこの上なく見事に綴られていくさま。最高傑作です。

1) Eternal Sunshine of the Spotless Mind

第1位「エターナル・サンシャイン」

A film that plays and feels like a dream. A film that deconstructs with you while playing videos from your childhood. I read somewhere that this is the movie playing around the clock in heaven and I totally agree. (Disclaimer: I don’t believe in heaven.) I can’t overstate how great I think this film is.

夢のように流れ、夢のように感じられる映画です。子供時代からの映像が流れている間に、映画から切り離されます。これは天国で絶え間なく流れている映画、とあるのを何かで読んだことがあり、これには全く同感です。(おことわり:私は天国を信じていませんが。)この映画をどんなに素晴らしいと思っているか、いくら言っても言い過ぎにはなりません。

Special mentions:  Groundhog Day, Totoro.

その他にも…:「恋はデジャ・ブ」、「となりのトトロ」

Have you watched any of these films? Which films do you love?

皆様はどれかご覧になったことはありますか?お気に入りの映画はどれですか?

Have a Great 2015!!! - ウィンザー英会話からよいお年を

2014年は、ウィンザー英会話にとって、本当に素晴らしい年でした。また、一年振り返りましてこの年の成功をとても誇りに思っております。

レッスン内容も、どのクラスにおきましても改良に改良を加え、またオリジナルのレッスンマテリアルについても、福岡やその他の地区をみてもどこのスクールにはないものに仕上がったと自負しております。

また、2014年は赤坂にグループレッスンの英会話教室“ケンジントン英会話”のオープン、ビジネス英会話のスペシャル教室“ウィンザービジネス英会話をオープンした年でもありました。
どの教室に関しても、生徒さんにとって最良のレッスンを提供できたとご満足いただけていれば幸いです。

この機会にご入会いただきました生徒様や長年にわたりご受講を継続いただいているすべての生徒様に本当に感謝申し上げます。

商用のためご受講の方、趣味の一環としてご受講の方、また海外旅行や新しい海外の友達作りなどの目的にてご受講の方、どの目的の生徒様にもウィンザー英会話を選んでご受講いただいていることを光栄に思います。

2015年は現状満足にとどまることなく、さらによりよいレッスンを提供できるように、また皆様の英語力が一歩でも飛躍するようなお手伝いを引き続きさせて頂きます。

よいお年をお迎えください。そしてまた、新年からスタートのレッスンにて皆様の笑顔にお会いできるのを心お待ち申し上げます。

ティム先生お気に入りの5冊

My 5 favourite books

お気に入りの5冊

I love reading;  I try to read a little every day regardless how busy or tired I may be. I find it soothing, beneficial to my language and to my thinking. I also think it is of great benefit to language acquisition and that’s why I always recommend my students read in English as much as they can.

読書が大好きです。どれだけ忙しかろうが疲れていようが関係なく、毎日少しは読もうと努めています。気持ちが落ち着いて、言葉や思考の面でいい影響がありますので。言語獲得に多大な利益があるとも思いますし、そういうわけで、自分の生徒さん達には、英語での読書をできるだけするように、常日頃からお勧めしています。

Now to get back to my list, my 5 favourite books are:

では、私のリストに戻りますが、お気に入りの5冊は…

5) Life and Fate – Vasily Grossman

5) 人生と運命 — ワシーリー・グロスマン

A devastating depiction of Stalin’s Russia. The book covers countless different characters and offers a panoramic view of the Soviet society. I loved it’s realism and even though it was essentially a very dark tale with every act of heroism or kindness eventually crushed by the totalitarian state, it gripped me from start to finish.

スターリン時代のロシアを強烈に描写したものです。数えきれないほど多くの人物を扱い、ソビエト社会の俯瞰的な展望を提示しています。そのリアリズムを気に入っていましたし、英雄的行動や親切な行為が最後には全体主義国家に踏みにじられるという、本質的にとても暗い話であっても、最初から最後まで私を捉えて離しませんでした。

A chronicle of the past century’s two evil engines of destruction-Soviet communism and German fascism-the novel is dark yet earns its right to depression. But it depresses in the way that all genuinely great art does-through an unflinching view of the truth, which includes all the awfulness of which human beings are capable and also the splendour to which in crises they can attain. A great book, a masterpiece, Life and Fate is a book only a Russian could write.

—Joseph Epstein, The Wall Street Journal

前世紀における破壊をもたらした、2つの邪悪な原動力 — ソビエト共産主義とドイツファシズム — の年代記であり、陰鬱ではあるものの、その陰鬱さを認められて然るべき小説である。しかし、その陰鬱さをもたらす手法は、本質的に偉大な作品全てがとるものであり — すなわち、真実への断固たる視線であり、真実とは人間が許容しうるだけのひどさのみならず、危機的状況の中で人間が獲得しうる、光り輝く素晴らしさをも全て包含するものである。秀作・名作である『人生と運命』は、ロシア人のみが著しうるものである。

— ジョゼフ・エプスタイン、ウォール・ストリート・ジャーナル

4) Catch 22 - Joseph Heller

4) キャッチ=22 — ジョーゼフ・ヘラー

Brilliantly and hilariously written, with all the humanity and moral strength of a man who understands war, Heller's novel is a modern classic that is rightly studied in schools throughout the world. 

—about education

鮮やかかつ愉快な筆致。戦争を知る、とある男の人間らしさと精神的な強さ全てを描写。ヘラーの小説は、世界中の学校で学ばれるべき現代の古典である。

—アバウト・エデュケーション

It’s also the funniest novel I have ever read. A fierce damnation of the cruelty, selfishness and madness of war but also the only book I remember making me laugh out loud so many times. So many memorable characters in surreal situations, with the main character being one of my favourite fictional characters and whom I came to love so much as to actually consider naming my child after him. Unfortunately his name was Yossarian, I have a daughter and the very idea of it made my wife really really mad.

これもまた、私が今までに読んだ中で一番面白いものです。戦争の残酷さ、身勝手さ、狂気からくる凄まじい罵りが描かれているものの、何度も私を大笑いさせたと記憶している唯一の本です。超現実的な状況で、印象的な人物がたくさん登場し、その中の主要人物は私が一番気に入っている架空人物で、あまりに気に入ったものですから、実際彼にちなんだ名前を子供に付けようとまで思ったものです。残念ながら、その人物の名前はヨッサリアンで、私にいるのは息子ではなく娘なので、この考えは私の妻をとてもひどく怒らせました。

3) The remains of a day – Kazuo Ishiguro

3) 日の名残り — カズオ・イシグロ

Could one of the most quintessential British novels of our time have been written by a man named Kazuo Ishiguro? Well, it could and it did. Mr. Ishiguro was born in Nagasaki and moved with his family to Britain when he was 5. Is he British, is he Japanese? Who cares? he’s a damn fine writer and he wrote a damn fine book.

私達の時代において、最も典型的なイギリス小説の1つを書いた作家は、カズオ・イシグロという人物だといってもよいでしょうか?ええ、差し支えないでしょうし、実のところそうです。イシグロ氏は長崎で生まれ、5歳の時、家族とともにイギリスへ渡りました。彼はイギリス人なのか、それとも日本人なのか?それが何でしょう?彼は全くうまい作家だし、全くうまい本を書いたものです。

Kazuo Ishiguro's third novel, ''The Remains of the Day,'' is a dream of a book: a beguiling comedy of manners that evolves almost magically into a profound and heart-rending study of personality, class and culture.

—New York Times

カズオ・イシグロの3冊目の小説『日の名残り』は、本の見る夢である…深遠かつ痛ましい、人格・階級・文化の考察へと、一種魔法のように変貌する魅惑的な風俗喜劇。

—ニューヨーク・タイムズ

2) Bring up the bodies – Hilary Mantel

2) 罪人を召し出せ — ヒラリー・マンテル

A book about the Tudors and a period of British history that I have very little interest in. I also happened to know how many of the characters’ stories would end (hint: not very well). However old and retold its subject was, this was one the freshest , most engaging and most marvellously written books I’ve ever read.

テューダー王家と、イギリス史におけるある時期に関する本です。私は歴史にほとんど興味がないのですが。登場人物のうち、いかに多くの者の話が(不首尾に?)終わるのかということも、たまたま知ったというところです。どんなに平凡で陳腐なテーマを扱ったものであっても、この本は、今まで読んだもののうち、最も新鮮で、最も心を惹き付け、最も不思議なほど見事に書かれていました。

1) Hard Boiled Wonderland and the End of the World – Haruki Murakami

1) 世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド — 村上春樹

For last I left my favourite writer. I love Haruki Murakami and I could pick from a number of his books as my favourite but this one was the first of his books that I read and also just happens to be, in my humble opinion, one of his best.  A dreamy surreal book that is filled with strange characters, intelligent ideas  and dry wit.

最後は、とっておきのお気に入りの作家です。村上春樹が大好きで、たくさんの彼の著書の中からお気に入りを選びたいのですが、これは私が最初に読んだ彼の本で、またこれも偶然なのですが、言わせてもらえれば、彼の最高傑作のひとつです。奇妙な登場キャラクターと、知的な発想と、とぼけたユーモアでいっぱいの、夢のように現実離れした本です。